「保険相談Navi」の無料保険相談を受けた感想と保険料7万円節約できた方法

私が喉の持病持ちに。。。喉ケアのサイトを作るキッカケになった出来事です。

ほったらかしていた生命保険では不安になり、無料保険相談させて頂きました。

見直すだけのつもりが年間保険料25万円から7万円も節約できたので安くなった方法も説明させてもらいます。

 

私と同じように保険をそのままにしている方、生活費を節約したい方は是非参考にしてみてください。

では御覧ください。

 

■喉の違和感を感じて病院へ・・・

待合室

1ヶ月前ほどから声がかすれやすく「単純に疲れが取れないのかな」とか、「空気が乾燥しているのかな」なんてごまかしていました。

仕事柄、結構、声を使うので、良くある事だし、職業病的な感じだろうって感じです。

 

ところが、わたしと同じ歳(32歳)のTさんがポリープの手術をしたと聞いて気持ちが一気にザワつきました。

Tさんは、良くしゃべる快活な人物。

あんなに元気そうな人でも手術をするような病気になるのだと、同年代としてちょっとショックでした。

生活習慣病や、治療に時間がかかる病気が急に見つかることもあると突きつけられた感じです。

 

 

声がれになる病気は何かを検索・・・

 

 

わたしの声がれも、ポリープかもなんて不安になり、”喉の違和感”や”声がれ”で検索。

(のちに喉にお悩みの方への手助けになればとサイトを立ち上げました)

ポリープ、逆流性食道炎、慢性喉頭炎・・・ずいぶんいろんな病気の自覚症状に声がれが当てはまるんですね。

喉頭がんでは、痛みよりも声がれや違和感が、始めに感じる自覚症状に多いと言うことも書いてあり、コレはヤバイと益々不安になってしまいました。

 

心配していてもしょうがないし、Tさんのように簡単に手術できるうちに見つかれば、体への負担も少ない、ぐずぐず悩んでいるよりは、思い切って診察を受けた方がいいと重い腰を上げ、近くの耳鼻咽喉科を受診したのでした。

 

 

■”声がれ”で受診、その診断結果は?

医療費

白いできものが見つかった!

病院では、さっそく、喉の奥の方を詳しく見てみましょうという事で、鼻からファイバースコープをいれて見る事に・・・
「白いデキモノがありますねえ。」そう言われた瞬間、「ポリープか?」と頭に浮かんだけれど話す事が出来なくて心の中では、「手術?」「入院?」「仕事を休まなきゃダメか?」「治療費は?」などなど浮かんできて落ち着かない!

 

一通り、ファイバースコープを使った検査のあとドクターに、「白いデキモノと言うことはポリープか何かですか?」と質問してみると、「ポリープではなく、声帯白板症ですね。」とドクターの冷静な声。
なんだかなじみのない病名に不安になりましたが、「薬で小さくなるので手術の心配もないですよ。」とのこと。

 

大したことなかったと考えて良いのか、長く付き合わなければいけない病気なのか、診断名はついたけれどモヤッとした気分のまま病院を後にしました。

 

 

声帯白板症とは?

 

 

気になって、さっそく“声帯白斑症”を検索!

声の使いすぎ、たばこ、喉の慢性的な炎症がきっかけで声帯が白く変色したり、白いデキモノができたりする病気

 

ドクターが薬で様子を見ましょうと言うのだから、今すぐどうこうと言うワケではないけれど、口腔内(口の中ですね)に白板症が見つかった場合には、ガン化の可能性があって、組織を取って検査するとも書かれています。

 

正直怖かったのを覚えてます。
ガンの可能性があると言われたら気が気じゃないです。

 

診察の時に浮かんだ、「手術」「入院」「仕事を休む?」「治療費」というワードが頭を過ぎり、ふと生命保険の事を思い出しました。
入っていた生命保険は、就職したときに付き合いのつもりで入った保険で、10年間ほったらかしだったヤツです。

 

完全に使いこなせていない感満載でしたね。

“もしもの時のために備えていて良かった!”なんて微塵も感じません。

だって給付の条件や保険内容すらわかってないのですから。。

 

独自で保険について調べてみたのが始まりです。

 

■一生で二番高い買い物はなに?

お金の計算

一生で二番高い買い物は?

なんだと思いますか?

一番はもちろん”住宅”ですよね!

 

では二番目は?

そうです。次にくる高額な支払いをするのが

 

保険

 

らしいです。

今回、体調に不安を感じる一件があり、保険の事を調べて知った衝撃の事実です。

 

 

実際にどの程度払っているのか一緒に考えてみましょう。

医療保険+生命保険の保険料は、月あたり1万円~2万円くらいかかってもまあ当たり前かなと思いますよね。

わたしも毎月2万円ほどずつ支払って、年間25万円の保険料を払い込んでいました。

10年間ほったらかしだったと言うことは、250万円支払い済みです(汗)。

 

見直さずに定年の60歳まで払い込んだとしたら、大卒の22歳から38年間払いこむ事になります。

その額は、年額25万円×38年=950万円!

 

35歳で結婚したとして、夫婦の生命保険、子どもが生まれれば子どもの保険も検討するでしょう。

単純に35歳以降~60歳までを、今までの倍額の保険料として計算してみると・・・

年間50万円×25年間=1250万円です。

独身時代の保険料250万円をあわせて1500万円になります。

 

“これだけの金額を支払いながら、なんとなく入っておけば安心なのか?”
“保険の内容もうろ覚えでいるなんて良いのか?”

と思ったわけです。

ふざけるなと感じたのが率直な意見です。

 

 

■保険の見直しを相談する方法は?

クエスチョン

見直すついでに安くなる方法を探って見たのですが、保険の隅々まで網羅できないです。

ネット or 外務員さん?

ネットで調べても、実際にどれくらいの保障が自分に必要なのか、保険料がどれくらいになるのかは、ライフプランや家族構成でかなり変わってきます。

フィナンシャルアドバイザーや、保険外務員に聞かなければ明確な額がわかりません。

 

 

プロのフィナンシャルアドバイザー料金が心配面談のアポとりしにくいかも

 

外務員さん自社の商品を勧めてくる本当に知りたいところを質問しにくいかも

 

 

そんな迷えるわたしを救ったのが、

“無料保険相談”の紹介サイト

でした。

無料保険相談の方もプロのフィナンシャルアドバイザーであったものの、料金は完全無料ということもあり気に入りました。

 

その他にも、

自宅相談出来る無料相談をチョイス!

“特定の保険会社に所属しているわけではない”
“営業目的はなく強引な営業は一切ない”
“保険会社側の考えに偏らないで相談に乗ってもらえそう”
“アポとりもメールでカンタン”

 

というのが決め手になりました。

一番保険料が抑えられるのはどこか保険会社の垣根を越えて調べてもらえますし、自分のニーズに合った保険商品の紹介をしてもらえるので、保険会社の都合に振り回されることもありません!

必要としている保障を予算内でどう組んでいくのか知りたいなら、無料相談が一番だと思いました。

 

ネットから申し込みすると、翌日には、面談希望日の登録メールがきました。

仕事が休める日に合わせて、スムーズに自宅相談の日程を決めることが出来ました。

 

今回ご相談をさせて頂いたのが『保険相談Navi』という無料保険相談サービスです!

 

▼無料保険相談サービス『保険相談Navi』▼


 

実際に無料保険相談を受けた感想をメリットデメリットでまとめてみました!

 

■保険の無料相談を利用したメリットデメリット

相談

実際に自宅に招いて相談してみました。

 

自宅相談して良かった点

・さわやかな30代男性で話し上手だった
・外では話しにくい内容も相談出来た
・お金のセミナーの講師も務めている方で、保険以外でもアドバイスをくれた
・保険のカラクリも隠さず全部教えてくれた
・保険料が年間25万円払っていたのが18万円になり、7万円安くなった

 

ライフプランなんてまじめに考えたことがなかったのですが、担当の相談員Nさんは、同年代という事もあって話しやすく、プライベートなこともいつの間にか相談出来る雰囲気。

保険の無料相談と言うことできてもらったのに、話があちこちに飛んで、いろいろ話し込んでしまったので申し訳なかったなと思っていたら、「相談者様の生活スタイルや価値観を見せてもらえた方が、プランニングやアドバイスがしやすいんですよ。」といってくれました。お陰で35歳までに結婚するならあと3年か・・・なんて、今まで見て見ぬ振りをしてきた問題にもライフプランという視点から考えられました。

そして、掛け捨てよりも、積み立てでボーナスがつく方が得とは限らないという話。

コツコツ貯めれば大きくかえって来ると信じていたのにちがった?

 

10万円の保険料で掛け捨てになるけれど、医療費が支払われる保険と、20万円の保険料で同じ保障内容で、満期に10万円のボーナスが出る保険があるとします。

満期に返るハズの10万円を他の投資に回しても良いわけですが、「貯金できるかわからないし保険として積み立てておいたら良いよ。」って保険会社の外務員に言われたら、「そうかな・・・」って思ってしまいます。

 

ところが!

 

貯金代わりと考える人もいますが、金利が銀行や他の運用方法よりも低いとしたら??

これは利用者にとってうまみはありません

 

相談員Nさんにそう言われてハッ!としました。

こうゆうことって、保険会社の外務員さんなら中々話してくれないようなオフレコトークですよね。
我々の保険なので「貯金できるかわからないし保険として積み立てておいたら良いよ。」なんて言わず「積み立てても金利はつかない」と言うことを示した上で、どちらを選ぶか判断させてくれるのが筋ですよね。

このあたりは考え方や、価値観によっても違ってくるのでなんとも言えませんが、相談員Nさんの話を聞いたわたしは、今ならボーナスや積み立てにはこだわらないで保険を選ぶと思います。

保険会社の外務員さんのプランを鵜呑みにせずに、貯蓄分は他の金融商品などで積み立てを行って、保険はいざという時の最低限の保障をつける入り方が賢いと考えるようになりました。

 

 

ちょっと不満だった点

・1回の面談に2時間かかった
・あとは・・・特になかったです。

 

もっと不満が出るかと思ってたのですが、先程も話したとおりプライベートの話も全然できて保険以外のお金の相談もさせてもらって2時間はあっという間でした!これじゃデメリットにもならないかもですね。

 

ここから実際に保険のプランを見直したのですが、保険内容はほぼ変わらず(むしろカバーする部分が増えた)なのに保険料が7万円も安くなったので紹介しておきます。

 

 

■「年間25万円の保険料が18万円に!7万円節約のヒミツ」

家計節約

わたしが10年前に加入した保険は、当時職場に出入りしていた女性外務員さんが勧めてくれたものです。

 

○病気や入院など何かあったら保障してもらえる
○結婚資金にプラスになる
○低金利で借り入れが出来る

 

メリットとして挙げていたのはこんな内容だったと思います。

 

相談員Nさんに見ていただいたところ、掛け捨てタイプにすると同等以上の保障でも払込額が年間7万円減に出来るというのです。

もちろんお祝い金やボーナスがつかないプランですが、病気や入院の保障、がんと診断されたときの保障はバッチリついています。

 

なぜ保険の選び方でこんなに違いが出るのか聞いてみると、Nさんが言うには、外務員さんがたくさんいることで、その人の親戚や知り合いを取り込むというビジネススタイルがあると言うのです。
そして契約手数料として外務員への報酬が発生しているので、見直しと言って新しい契約に切り替えると、うまみがあると言う話も・・・それって、契約者が払い込んだお金から出ているってことですよね?

 

保険会社によって内容が変わらないけど料金に違いがありますよね?

相談員Nさんいわく、外務員を多く雇っている事や支店が沢山ある事によって人件費が多くかかるそうです。それによって保険内容はどこの保険会社も変わらないのに料金に違いがでてしまうそうです。

 

いやいや、、内容が変わらないなら安い方がいいに決まってる!笑

 

大手だからとか、安いと信用がないって人ほど損している実状ですね。

なんとなく、難しいとか面倒というイメージがあるし、“社会人になったら保険くらい入っておかないともしもの時に困る”なんて思って外務員さんに言われたら、言いなりかもです。

新社会人のわたしはそうでした(泣)。

今回、病気や入院の保障、がんと診断保障が付いているプランの大手1社と中堅2社に絞って見比べさせてもらいましたが、こんなにも違うのかとビックリ!

 

最終的に自分で、掛け捨てタイプで病気や入院の保障、がんと診断保障がついている中堅の1社に決めました。

安くなったのに、がん保険に関して保障は手厚くなりました。

 

たったこれだけで年間25万円払っていた保険料が18万円になり、7万円の節約することができたんです!

保険料の無駄って、正しい情報を得るには自分から動かなきゃダメですね!

 

無料保険相談を利用して、いろいろな保険商品から、自分のニーズに合った組み合わせを見つける事が出来て良かったです。

年間、7万円のゆとりが出来たのは嬉しいです!

10年間同じ条件で比較したら、70万円ですよ!

5年間だけでも海外旅行に2回くらい行けちゃう金額です。

 

これだけ濃厚に保険相談やお金の話をしたので、節約以上にタメになった情報をたくさん頂きました!ほんとあっという間です!

相談してみるとわかります。笑

 

ライフプランは10年前に考えていた通りではありませんし、その頃考えていなかった、「いきなり病気になったらどうしよう」という不安も、最近は現実味をもっています。

なんとなく入っていた保険の無駄に気付かされて、Nさんとの出会いに感謝です!

 

 

優秀なファイナンシャルプランナーへ保険相談(無料)【保険相談Navi】をご入力下さい。

■無料保険相談はこんな人にぴったり!

虹

・最近、結婚された(される)方
・子供が生まれた(生まれる)方
・親身になってくれる担当者をお探しの方
・保険料が高いと思っている方
・持病があっても入れる保険をお探しの方
・複数の会社の保険を比較したい方
・最近、健康への不安がでてきた。

 

わたしは、独身ですが相談員Nさんは3つ年上で妻子持ちでした。

そろそろ家を持とうと考えているとのことでした。

 

住宅ローンを組むときには、死亡したときにローンが相殺される額の生命保険に入りますが、最近は七大疾病保険なんていう保障がついている場合もあります。

この場合には、元々加入していた保険を見直して、本当に不足している部分だけ補う保険への掛け替えで節約できます。

 

また、結婚、出産などで家族構成が変わったときにも、どんな保険が必要なのか見直しが必要ですから結婚が決まったら教えてくださいねと言われちゃいました。

 

Nさんが最近相談に乗った方では、高齢のお母さんを残して68歳の息子さんが亡くなったケースがあったそうです。

1000万円の生命保険に加入していて、お母さんに託して逝かれたので、葬儀と当面の介護費用に当てることが出来たといいます。

ライフステージの変化に応じて柔軟に対応出来るように、Nさんのような相談員さんにアドバイスがもらえると、いざという時に役に立つ本当に必要な保険が何かがわかりますね。

 

 

■どこに申し込むの?

私が相談させてもらったのが無料保険相談サービスの【保険相談Navi】です。

 

▼お申し込み方法▼

1公式サイトへ⇒【保険相談Navi】

2
プロに相談してみる
「プロに無料相談をしてみる」をクリック

3入力フォームの必須項目を入力

4数日でメールが来て、最終的に日時を決定します。(私は次の日に来ました。)

5当日相談する。

 

たったこれだけです。

先程も話しましたが相談に2時間かかると言っても、ビックリするほどあっという間ですよ。笑

どれだけ保険の事を知らなかったのだろうと痛感します。

 

保険をほったらかしてるなんて方は特に相談してみてください!必ず貴方にあった保険を見つけてくれます。

相談後はきっと私が言ってる事を共感してくれますよ。おすすめします。

 

教育に必要な資金二千万円!?保険と貯蓄の無料相談【保険相談Navi】をご入力下さい。

■体験してみて まとめ

今回求めてた保険内容と月額保険料の節約が一致したので契約に至りましたが、相談員さんには気に入らなかったら断ってくださいとはっきり言われました。

無料相談と言っても結局は入らないとダメなんでしょ?とか押し付けてくるんでしょ?とか、考える方がいると思いますが納得行かなければ断ってしまえばいいです。

相談員が合わないなどあった場合、相談サービスに伝えれば変えてくれる制度があります。

 

私は何より病気に対して不安を抱き、自分の入っていた保険の不安定さを実感しました。

月額が安くなったのはラッキーでしたが、それより安心を買えたのが大きかったです。

 

もし貴方にいい相談員さんが見つかり、納得いくプランが見つかったのであればそれはすごく安心を買える幸せな事だと思います。

自分が病気になった際に大変なのは周りの人達なので、困らないようなケアってとても大事なのではないでしょうか。

 

無料相談を体験してみてみなさんにお伝えできればと考えご紹介させて頂きました。

 

【相談させてもらった無料保険相談サービス】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
満足度98%!保険の無料保険相談サービス【保険相談Navi】




 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ