喉のイガイガ、原因はアレルギー?

喉のイガイガ、原因はアレルギー?

喉のイガイガは、風邪のひき始め咳が続く時鼻炎や痰が詰まっている時にあらわれて、いやなものです。

風邪の時には、ウィルスや細菌に負けないように、咳や鼻水で対抗している状態ですから、1週間程度でイガイガもなくなっていきますが、アレルギーの場合には、長引くことが多くやっかいですね。

喉のイガイガとアレルギーについてまとめていきましょう。

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

■ アレルギーで喉がイガイガするときの特徴は?

アレルギーで喉がイガイガしている時には、高い熱が出ないまま、グズグズ症状が長引いてつらいことが多いですね。

中には風邪症状で喉に炎症を起こして敏感になった粘膜が、アレルギー反応でイガイガが続くこともあります。

 

花粉症が原因で鼻炎や喉のイガイガが続く場合には、毎年その季節に症状が出ますし、ハウスダストでは、イガイガと鼻炎をしょっちゅう繰り返します。

アトピー性咳嗽(アトピーせい がいそう)では、気管支を広げる咳止めよりも、アレルギーを抑える薬で咳が止まる傾向があります。

こうした長引く喉のイガイガは、原因をハッキリさせる事で、早く症状を改善できるのです。

 

 

■食べ物が原因で喉がイガイガする事がある

トマトを食べると喉がイガイガする・・・なんて、決まった食べ物で、イガイガが起きているなら口腔アレルギーかもしれません。

口腔アレルギーと呼ばれるアレルギーでは、食べてから15分前後で喉がイガイガしてきて、激しく咳き込みます。

 

スギ花粉の花粉症ではトマトシラカバでは桃やいちごヨモギではにんじんセロリ口腔アレルギーを起こした例が報告されていて、花粉症の種類で起こしやすい食べ物があります。

アナフィラキシーショックを起こすことがあるので、食べ物で喉のイガイガや、咳き込みが起こったときには、注意が必要です。

緊急の時には、アレルギー症状を抑える筋肉注射『エピペン』を使います。

 

 

■アレルギーのイガイガは何科に診察するのがいい?

熱もなく、喉のイガイガや咳がしつこく続くだけだし、様子を見ているという人もいますが、アレルギーでイガイガが出る場合には、アレルギーの原因を調べておくことが大切です。

耳鼻咽喉科や、アレルギー科を受診するのが良いでしょう。

 

口腔アレルギーのようにアナフィラキシーショックの心配があるときには、『エピペン』の処方を受けておく必要がありますし、喉のイガイガの原因がアレルギーだとハッキリ出来れば、効果的な治療を受ける事が出来ます。

喉のイガイガがしつこく続く原因が、ペットのアレルギーやハウスダストなどとわかれば、対策も立てやすいですよね。

 

喉のイガイガしてる方におすすめ記事
喉のイガイガとしつこい痰が出る時、どんな診断が多い?
イガイガ&咳で眠れない場合はアレルギーも疑いましょう。8つの症状に当てはまる方は要注意。
喉がイガイガしたときのオススメ対処法をまとめ!簡単にできる3種類の方法
喉のイガイガが起こる代表的な6つの原因
吐き気が出るほどの喉のイガイガ。民間療法で治したいならこの4種類をおすすめします。

 

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ