喉の違和感や痛みが気になる時に注意したいことは?

喉の違和感や痛みが気になる時に注意したいことは?

喉の違和感や痛みが気になる時にはどんな病気が心配されるのでしょう?

原因が思い当たらない時の、喉の違和感や痛みは、イヤなものですね。

喉の違和感や痛みの危険度を知りたいときのポイントはどんなところにあるのかまとめて見ましょう。

 

■喉の違和感や痛みで心配されるのは?

094737

喉頭咽頭がん
扁桃炎膿瘍(へんとうえんのうよう)
扁桃炎
口腔アレルギー
亜急性甲状腺炎(あきゅうせい こうじょうせんえん)

風邪症状の始まりとしてあらわれる喉の違和感と痛みは良くある症状ですね。

風邪かなと気付いたときに、首を温める、栄養と休養を取るなど早めの対応をする事で回復しやすくなります。

ただ、扁桃炎膿瘍や口腔アレルギーの場合には、緊急性が高いので、すぐに病院にいった方が良いでしょう。

 

 

■緊急性の高い喉の違和感と痛み

「扁桃炎膿瘍(へんとうえん のうよう)」

扁桃の中に膿がたまって急激に腫れて行きます。

もともと、喉には菌が住み着いているのですが、抵抗力が落ちてその菌にすら対抗出来ず、扁桃のなかに膿がたまっている状態が扁桃炎膿瘍です。

気道をふさいでしまうほど腫れ、呼吸が難しくなることや合併症の心配があるので、緊急手術が必要なケースがあります。

30代男性に多く、風邪をこじらせて緊急手術、入院しなければいけなくなるなんていうことがあります。

 

「口腔アレルギー」

口の中がアレルギー反応を起こして、急激に咳き込む、喉の痛みや違和感が出ます。

命に関わる激しい症状が出ることがあり、アナフィラキシーショックと呼ばれています。

アレルギーの原因に触れて(食べて)、15分以内に喉の粘膜が腫れて命のキケンにさらされる事があるので注意が必要です。

ナッツ類、トマトやもも、いちご、メロンなどの生で食べる野菜や果物、ラテックスなどアレルギーの原因は様々です。

 

 

■長・中期的に続く喉の違和感と痛み

3週間以上続く喉の違和感と痛みには、恐ろしい病気が隠れていることがあるかもしれません。

命に関わる病気としては、喉頭咽頭がんです。

 

痛みよりも違和感と表現したい、声の出しにくさ息苦しさ飲み込みにくさを感じる場合が多くなっています。

もちろん、場所や腫瘍の大きによっては痛みが出る事がありますが、痛みが腫瘍の危険度と一緒ではないところが怖いところです。

痛みがなくても、慢性的に喉の違和感があり、つかえる感じがひどくなっていたり、血痰が出るといった場合には、きちんと検査を受けたほうが良いでしょう。

 

喉の違和感に関するお悩み

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ