喉の違和感や咳が気になった成田さんの病名とは?

喉の違和感や咳が気になった成田さんの病名とは?

 

喉の違和感や咳が出る時は、気になって集中力出来ないのがイヤですね。

単純に喉の違和感や咳の原因が乾燥や、風邪のひきはじめなら、体を休めて栄養をしっかり補給する事で良くなります。

こうした原因以外で起こる、喉の違和感や咳は、それだけではなかなか良くならないので注意が必要です。

喉の違和感と咳が3週間も続いた成田さんの体験を見てみましょう。

喉の違和感と咳が出始めた

■喉の違和感と咳が出始めた

秋になる頃、成田さんは喉の違和感と咳に気付きました。

季節の変わり目だし、乾燥とか風邪のひきはじめかなと思って、喉飴やうがいを意識してするようにしましたが、スッキリしません。

夜寝るときには、一度咳き込むとなかなか止まら無くなってきていましたし、ただの風邪ではないという気がしてきました。

 

■咳止めが効かない!ヤバイと思って病院に行く

寝付きが悪くなって、喉の違和感と咳が続いています。

市販薬の咳止めシロップを使ってみましたがあまり変わりませんでした。

咳止めが効かないほどのヤバイ病気は困る!”そう思って近くの内科に行きました。

 

胸の音を聞いてもらったり、レントゲンをとったり検査をしたところ、“咳喘息”だと言われました。

喘息と言われて、発作が起きて呼吸困難になったりする心配が無いのか不安になりました。

大丈夫でしょうか?

 

■咳喘息とは?

喉の違和感や咳が出るのですが、ヒューヒュー、ゼイゼイがといった、気管が狭くなってでるような音がすることがなく、立て続けに咳が出ても、喘息発作のように命に関わる状況にはならないと説明されちょっと安心。

ステロイドの吸入薬をつかうと、落ち着くと言います。

 

咳喘息は気管が刺激に敏感になっている状態なので、薬をつかいながら喉の違和感や咳をしずめて行く治療方法をとります。

風邪薬や一般の咳止めが効かないので、咳喘息の診断がつかないとダラダラと、喉の違和感と咳が続くことになるのです。

 

■診断がついて成田さんは回復!

成田さんは、吸入薬を使う様になって驚くほど眠れる様になりました。

正しい診断を受けて、病気にふさわしい治療方法を選べたので、喉の違和感と咳が治って良かったとホッとしています。

 

ただの風邪と決めつけて、市販薬を飲んでもきっと治らなかったなと思っています。

自分と同じように、季節の変わり目、風邪をきっかけに、喉の違和感と咳がひどくなった場合には、咳喘息、アトピー性咳嗽(がいそう)の疑いがあるので、内科、アレルギー科、呼吸器科といった診療科目の看板を上げている病院に行ってみてくださいと語ってくれました。

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ