喉の違和感や異物感を感じる時に心配な病気は?

喉の違和感や異物感を感じる時に心配な病気は?

 

喉の違和感を感じるときに、異物感や、引っかかる感じが気になる事があります。

風邪などで喉の調子が悪くなった後に、喉が気になって、喉の違和感や異物感をいつまでも感じる場合が多いですね。

喉の検査をしても異常が無いときには、「咽喉頭異常感症(いんこうとう いじょうかんしょう)」という診断になります。

喉の違和感や異物感があるときには、喉の異常がないのか調べることが大切です。

白衣の女性

■喉の違和感は、どんな人に多いのでしょう?

30~50代の女性

30~50代の女性に多く、甲状腺更年期障害の影響を受けている事が多いと考えられています。

咽喉頭異常感症と診断された場合は、特に治療しなくても、心配無いので神経質になる事はありません。

 

ストレスを感じやすい、神経質な人

喉の症状は、自律神経の乱れがおきて感じることがあります。

喉に違和感や異物感があるなぁと気にすることで、いつも違和感や異物感があるように感じます。

喉や首、肩の筋肉の血流が悪くなってこわばりやコリが出ることで、喉の筋肉の動きがスムーズにできないと感じる場合もあります。

 

■喉の違和感やつかえる感じがしたらどうしたら良い?

喉の異常が起きていないか検査を受ける

心配なまま過ごしているとストレスになりますから、喉の違和感や異物感が、腫瘍や喉の異常が原因になっていないことをはっきりさせましょう。

耳鼻咽喉科で、喉の奥までしっかり見てもらう、CTや超音波検査、血液検査で治療が必要な病気が隠れていないか見てもらいましょう。

 

ストレスをためない

喉の違和感や異物感が、「咽喉頭異常感症(いんこうとう いじょうかんしょう)」と診断されたら、生活習慣の見直しや、ストレスをためない過ごし方を実行してみましょう。

軽い運動を取り入れる、歌を歌うなど、自分に合ったストレス解消法を見つけてみましょう。

 

首回りの血行を良くする

体を動かすことが少ない、同じ姿勢が長く続くという人は、首こり、肩こりの対策も考えてみましょう。

 

■喉の異物感で治療が必要になる場合

治療が必要になる場合には、甲状腺の異常、喉にポリープや腫瘍が出来ているという事が考えられます。

気にすることで異物感が強くなる事がありますし、異物感がこうした異常のサインではないとハッキリさせる事が大切です。

診察を受けなければ、“がんだったらどうしよう”といった不安をいつまでも持ったまま、ストレスを大きくしてしまうので、喉の違和感や異物感が、喉の異常からくる物ではないと診断を受けて安心することが解決になるのです。

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ