喉の奥に違和感を感じる時どんな検査をするの?

喉の奥に違和感を感じる時どんな検査をするの?

 

喉の奥に違和感を感じるって何がおきているのでしょうか。

大きく2つに分けると、飲み込みが上手く出来ない状態から感じる違和感と、ストレスや精神的な原因で感じる違和感があります。

喉の奥の違和感の原因を調べる検査にはどんな物があるのかまとめて見ましょう。

MRI

■喉の奥の違和感を感じる時の検査は?

咽頭鏡(いんとうきょう)

喉の奥の違和感を調べるときに、直接、覗き込むときに使います。

外来診察で、その場ですぐに使えるので、喉の奥の違和感の原因がすぐに見えることもあります。

まず、咽頭鏡で喉の奥の違和感の原因を見極めて、他の検査のオーダーが出されます。

 

内視鏡検査(ないしきょう けんさ)

耳鼻咽喉科では、鼻からファイバースコープをいれて、咽頭鏡では陰になる部分まで、喉の奥を詳しく見る事ができます。

良く、喉の奥の写真がありますが、あんな風にハッキリ見る事が出来るので、違和感の原因を診断できます。

 

頸部超音波検査(けいぶ ちょうおんぱけんさ)

喉の奥の違和感が、腫瘍や甲状腺の腫れが原因になっていないか、超音波の画像で診断する事が出来ます。

首に枕をいれて仰向けに寝て、ゼリーを首に塗ってプローブを滑らせて画像を観察します。

リンパ節の異常など、組織の中の様子を見ることが出来る検査です。

 

頸部CT検査(けいぶ しーてぃー けんさ)

より精密な検査で、単純撮影と、造影剤を使った撮影方法があります。

喉の奥の違和感があるとき、リンパ節の腫れや腫瘍の質までを詳しく診断する材料になります。

被爆や、造影剤でのアレルギーなどのリスクが考えられるのと、検査の費用が高額になるので、超音波検査をしてさらに詳しい検査として行われます。

 

MRI検査(えむあーるあい けんさ)

深い部分での腫瘍の広がりや、組織の変化を調べることが出来ます。

喉の奥の違和感を訴えている場合にも、CT検査よりもハッキリとしたコントラストで診断を行う事が出来ます。

やはり咽頭鏡、ファイバースコープ、超音波と比べて検査費用が高額になるので、必要に応じて行われています。

 

生検(組織の検査)

咽喉頭がんが疑われるときには、ファイバースコープの先につけた器具で、腫瘍の組織をとってがんなのか診断します。

喉の奥の違和感から、腫瘍が見つかった場合、血液から診断出来る腫瘍マーカーがないので、組織をとって調べるのが確実です。

 

PET検査

全身のがんを一度にチェックできる検査です。

喉の奥の違和感だけではすすめられることはないですが、がんが疑われたときには、広い範囲の病変を痛みなどの負担なくチェックできるので、すすめられることがあります。

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ