喉の痛みへの対処法~基本編~

喉の痛み、その適した処置とは
喉の痛みを誘発する起因は2点あります。

 

喉への過度の使役

細菌・ウイルス

 

どちらの症状も炎症です。

炎症の種類を踏まえて、対処法を見ていきたいと思います。

 

7d050dfd06e20a08fc9fbd5ffa7d2eca_s

■過度の使役による喉の痛み

大声の出し過ぎやカラオケなどでの歌い過ぎ、喫煙および、たばこの煙、飲酒も喉を著しく酷使します。

さらに、胃食道逆流症や、過食症による嘔吐によっても炎症がおきます。

喉頭炎(こうとうえん)

急性喉頭炎(きゅうせいこうとうえん)

慢性喉頭炎(まんせいこうとうえん)

急性声帯炎(きゅうせいせいたいえん)

症状

嗄声(させい)といった声のかすれが生じ、時間の経過とともに

声が出ないという状態に至ることもあります。

イガイガ感、ヒリヒリ感など喉の違和感が

抑えがたい咳払いを誘発します。

対処法

喉を休めるためできるだけ声をださないようにします。

声を出さないためにささやくようにしゃべりりがちですが

実は、ささやき声は喉を刺激してしまうので注意が必要です。

何よりも、喉を潤すことが症状を緩和せます。

水分の補給に心がけ、咳止め薬を服用し安静に努めます。

 

■細菌・ウイルスによる炎症

日常生活のありとあらゆるところに、細菌・ウイルスは浮遊していますが免疫力によって喉は守られています。

これは、自然治癒力といわれるものです。

しかしながら、免疫力の低下や細菌・ウイルスの拡大が起こると自然治癒力では、抑えることができなくなります。

 

急性扁桃炎

症状

喉の痛み・悪寒・高熱・食欲不振・倦怠感・頭痛・関節痛

急性咽頭炎

症状

初期段階では、喉の異物感、乾燥ですが、悪化により

喉の赤い発疹・白い膿の付着

対処法

とにかく喉を温めます。

免疫力の低下は、身体の冷えによるものです。

体温を上げるだけで免疫力は著しく向上します。

その比率は体温1度に対して免疫力5倍といわれています。

タートルネックやマフラーを着用して首元を温めましょう。

さらに、喉を乾燥から守ります。

温かい飲み物で十分に水分補給をし、マスクで潤いを保たせます。

うがいで殺菌することは高い価値があります。

紅茶や緑茶はうがい薬より効果があると証明されています。

 

■まとめ

些細なことでも、身体の不調を感じたら、早い段階で対処をしましょう。

喉の炎症は温めること水分補給で緩和できます。

簡単な対処法であるにもかかわらず、そのひと手間が煩わしく思いがちです。

常日頃から、免疫効果のある食物を取ることもかねて重症化する危険を未然に防ぐためにも意識しておきたいものです。

 

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ