喉の痛みで咳が出る。~咳について~

のどが痛む苦しい咳、けれども、出ないと困る咳

急にコンコンといった空咳が出るばあい、多くの場合、のどの炎症による刺激が起因の感冒です。

感冒の症状の7割が咳といわれています。

しかし、咳をともなう病気はとても多く、長期に続く場合は注意が必要です。

 

 

一つ咳をすると2キロカロリーのエネルギーを消費するといわれ、咳によって体力が擦り減らされるため、大変つらいものです。

しかしながら、咳を薬でおさえこむと、症状が悪化するなど弊害をが生じます。

また、咳がまったく出ないとしたらとても危険な状態です。

 

m012-200

■咳は防御反射

咳は、気道と呼ばれる肺に向かう空気のルートの中の異物を排除しようとする防衛反射をそなえています。

気管や気管支の壁にある刺激に対する受容体が感知した刺激というデーターが迷走神経から脳幹部の延髄の核中枢にはいり、その指令で咳が出るしくみです。

 

つまり、止めることが不可能な反射です。

■咳が出ない高齢者の危険

高齢者のケースでは、唾液や食物が気管に入ったとき、咳ができないと嚥下性肺炎を誘発する危険性をはらんでいます。

実際に、肺炎死亡者の95%が高齢者で、咳が出ない症状がみられました。

睡眠中の嚥下性肺炎を防ぐには、就寝前の歯磨きと日常的に人と良く話しをして、口の筋肉を鍛えることです。

 

■のどにある受容体

咳の受容体はのどの奥にもあります。

感冒にかかったさい、のどの痛みに咳を併発するのは、のどの奥の受容体が刺激されたからです。

咳により嘔吐することがあるのはのどの奥の受容体のそばにある、吐き気を起こす部所が刺激されておこります。

 

■まとめ

咳はからだを守るための重要な防御反射です。

むやみに咳止めを飲用せず、医療機関にかかります。

咳をともなう病気は大変多く、命にかかわる疾病が潜んでいる可能性があります。

 

気になる症状があれば、かならず診てもらいます。

また、咳をだすことが困難な高齢者には唾液や食物が気管に入らないように、じゅうぶんなケアが必要です。

 

その他の症状でチェックしてみる
↓↓            ↓↓
気になる症状と病名チェックリスト~喉の病気一覧表~ ボタンのコピーのコピー

 

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ