抗菌薬とは一体なに?のどの痛みの治療としての抗菌薬の性質

のどの痛みの治療薬として、抗菌薬がつかわれます。

はたして、抗菌薬とはなんでしょうか。

 

細菌によるのどの痛みの治療薬として抗菌薬を処方されます。

抗菌薬は、医師が菌の種類を見極めて処方した薬です。

薬を処方されたときは、医師の指示に従い、処方された分をすべて使い切りましょう。

自分の判断でやめてしまうと、再び菌を生かしてしまう恐れがあります。

373c6934daa262a5e9d282a799fb086c_s

■のどの痛みの薬、抗菌薬とは

痛みの原因である細菌の増殖を抑え、殺す作用をもったものです。

ウイルスには効果がないものです。

■抗生物質の位置

アオカビからつくられたペニシリンが抗生物質の先駆けとしてた有名で

微生物から作られたものを指していましたが

現在では、多くが化学合成によりつくられるため、

抗生物質は抗菌薬の一部に位置するようになりました。

 

抗菌薬を使うのどの痛みをともなう病気は

以下の咽頭痛の治療には抗菌薬が処方されます。

 

A群ℬ溶連菌性咽頭炎

扁桃炎

アデノウイルス性咽頭炎

その他急性咽頭炎

扁桃周囲炎

扁桃臭胃潰瘍

急性喉頭蓋炎

■のどの痛みの治療としての抗菌薬の性質とは

ペニシリン系抗菌薬

多くが4時間から6時間ごとに投与し、血中濃度を適切にたもつことで

耐性菌を防御し、薬の効果が最大限に生かされます。

 

フェム系抗菌薬

時間依存系の抗菌薬で、半減期が1時間のため1日に3回以上投与します。

血中濃度を適切にたもつことで、耐性菌を防御し、薬の効果が最大限に生かされます。

臨床現場で活用している薬です。

 

ニューキノロン系抗菌薬

最も多用される抗菌薬です。

腸からの吸収率がよく、90%から95%といわれています。

 

リンコマイシン系抗菌薬

各臓器への移行性に優れており、 血中濃度が高いため効果が期待できます。

 

■まとめ

抗菌薬に限らず、薬は正しく用いることで、効果を発揮します。

医師の指示に従い、より早い完治をめざします。

 

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ