風邪を引いたときの治し方!喉風邪の対策と予防

喉の痛みを感じるとまず”風邪かな?”と思いますよね。

風邪のウィルスは、鼻や喉から入ってくるので、扁桃炎などの喉の炎症が起きやすくなっているのです。

風邪の時の喉の痛みの対処方法や予防方法についてまとめいきましょう。

 

■風邪の時の喉の痛みの対処方法

風邪で喉が痛いときには、喉の奥の咽頭扁桃腺が炎症を起こしています。

これは鼻や口から感染したウィルスが増殖したためです。

風邪の喉の痛みを早くラクにしたい時の対処方法を上げていきます。

 

「病院で薬の処方を受ける」

364b61a4255dec4fe3324727865ce351_s

熱が38.0℃を越える場合には、病院で診断を受けて適切な薬を出してもらいましょう。

ウィルスが体に入ってきたときに、体温を上げて免疫を活性化すると、早くウィルスの増殖を収める事が出来ます。

強い解熱剤で無理に熱を下げる必要の無いケースもありますから、お医者さんにかかるのが一番です。

風邪が原因だと診断がつけば、抗生剤など風邪のウィルスそのものを抑えてくれる薬を処方してもらえて治りも早いでしょう。

 

「喉の潤いを保つ」

1c55457f30d0408877181771fd4bb19b_s

濡れマスクをつける、こまめに水分を飲むなど喉を乾燥させないようにしましょう。

喉の痛みを感じたら、加湿器を使ったり、洗濯物を干したり湿度を保つようにしたいですね。

 

「首を温める」

b8ba6363b27c1f2c87f87d83a1f2e313_s

喉の周りに焼いたネギで湿布すると良いと言われますが、首を温めることは喉の痛みを取るのに有効です。

ちなみに首の後ろの生え際の付け根には、『風池』という風邪のツボと言われるところもあるので、温めて軽いマッサージするとラクになります。

 

 

 

■風邪の喉の痛みを予防するには?

風邪を引くと喉の痛みが出やすくなっています。

喉の痛み予防風邪の予防とも言えますね。

 

「乾燥を防ぐ」

d91c8f9adafee1a847252a820a307076_s

冬になると湿度が下がって乾燥しがちになります。

風邪のウィルスに感染しなくても、乾燥そのものが喉をひりひりさせて喉の痛みを感じてしまうほどです。

だからこそ、秋から冬にかけては特に乾燥対策に力を入れたいですね。

濡れマスク ・加湿器  ・濡れタオルを干す ・水を飲む ・こまめなうがい

 

「果物を食べて免疫力をアップ!」

026b84a568a76006d9abbb50ee0e892a_s

十分な休息を取ることと、免疫アップに良い食べ物を食べましょう。

ビタミンCやカロチンを摂取出来ると粘膜が刺激に強くなって、風邪予防に効果的です。

みかんカボチャビタミンCカロチンが多事で知られています。

免疫アップ食材としては、バナナが優秀で、マウスの実験でバナナの成分が免疫力をアップさせる事がわかっています。

焼きバナナは消化も良くからだが温まるので風邪の引き始めにもオススメですよ。

 

合わせて読みたい記事
風邪の時に食べたい食べ物
熱をともなうのどの痛み

 

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ