妊娠初期は薬を使わず民間療法がオススメ!

喉の痛みの対処法!妊娠初期は薬を使わず民間療法がオススメ!

喉の痛みは風邪のひきはじめや、乾燥、声の使いすぎなどで起きますが、妊娠初期には薬を飲まない対処法を使いたいですね。

痛み止めや風邪薬は、妊娠初期に影響の出る成分が心配です。

喉の痛みを抑えて、風邪を重症化させない、効果的な対処法をまとめていきましょう。

 

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

■妊娠初期、風邪の喉の痛みをやわらげる対処法

「はちみつ大根」

5825d56000074086fb13440b0d334c21-480x316
参考サイト画像引用:こそだてハック

民間療法の喉の痛み対処法として人気の方法ですね。

大根を細かく切って、はちみつをひたひたに注ぎます。

2時間ほどおいて大根の水分が浸みだしたら大根を取りだすと大根臭さはやわらぎます。

 

このはちみつをお湯でといて飲みます。

 

材料が天然の食品ばかりですから、妊娠初期でも安心して飲むことが出来ます。

おろし生姜を加えるとからだが温まりますし、レモンを加えてホットレモネードにするとビタミンCの補給になります。

荒れた喉の組織の回復には、ビタミンやミネラルが役立ちますし、大根の消炎効果や、はちみつの殺菌効果、栄養豊富で滋養に良いという特徴が生かされていますね。

妊娠初期に喉の痛みを感じて、「風邪気味かな?」と感じたら、はちみつ大根湯にレモンと生姜を入れて飲んでみましょう。

 

■妊娠初期、乾燥や声がれの時の喉の痛みをやわらげる対処法

b7f5baa4d3abab9fb59a78eee1f9605e_s

妊娠初期はホルモンの変化の影響で、喉の乾燥感を感じたり、風邪と違った喉の痛みや違和感を感じることがあります。

妊娠初期の可能性があるなら、慌てて風邪薬を飲むのは避けて、まずは、薬に頼らない対処法を試して見ましょう。

風邪の時にオススメしたはちみつ大根はもちろんですが、他にも喉の痛みの対処法をまとめて見ます。

 

 

「マスクを使って乾燥防止」

a47f536bab19ca80a5889e741c8a53c1_s

マスクをすると湿度が保たれて、喉の痛みの原因になる乾燥を防ぐ事が出来ます。

マスクの内側に湿らせたコットンティッシュを挟んでおくと更に効果的です。

朝の喉の痛みが気になると言うと気には、寝るときにマスクを使うのがオススメです。

妊娠初期のデリケートな体調管理に向いている対処法です。

 

「喉を温める」

b8ba6363b27c1f2c87f87d83a1f2e313_s

首にストールやスカーフを巻いてのど元を冷やさない様にしましょう。

 

「部屋を加湿する」

1c55457f30d0408877181771fd4bb19b_s

部屋の湿度を40%以上に保ちましょう。

喉の痛みや違和感は、乾燥していると強く感じられます。

 

インフルエンザなどのウィルスの活動も乾燥すると活発になる傾向があります。

妊娠初期の喉の痛みは、体調の変化で喉に乾燥感や違和感を感じるところからはじまることも多いですね。

対処法を試さずに炎症がひどくなると、粘膜が荒れて風邪を引きやすくなります。

喉の痛みや違和感を感じたら、紹介した対処法を試してみましょう。

 

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ