喉にいい飲み物として紅茶の実力

喉にいい飲み物として紅茶の実力はどうなのでしょうか?

カテキンが豊富で風邪予防に効果があると耳にしたことがありますし、喉にいい飲み物というイメージがあります。

実際のところどうなのか、調べてまとめていきたいと思います。

 

■喉にいい飲み物~紅茶の実力はどうなの?

3c2f3b702744db19005cb174cb069812_s

「紅茶の喉にいい飲み物として期待出来る事」

喉にいい飲み物として紅茶に期待出来る事を挙げて見ましょう。

 

抗菌力があるので、紅茶を飲んだりうがいに使うと風邪予防になる
しょうが紅茶で体を温め免疫アップ、紅茶の抗酸化作用もプラスに働く
はちみつやリンゴなどと相性が良く、健康効果をアップさせる事が出来る

 

紅茶そのものをうがいに使うと、風邪予防になるといわれていますが、紅茶に含まれるカテキンは熱湯でたくさん抽出されるので、熱湯でいれて冷まして使うのがオススメです。

また、体を温めて免疫力をアップさせるなら、しょうがとの組み合わせ。

紅茶の持っている抗酸化作用もプラスされるので、風邪をひきにくくなった、喉のいがらっぽさがよくなる、喉にいい飲み物という声を良く聞きます。

 

紅茶は、17世紀にイギリスに渡ったときには、”万病に効く東洋の秘薬”といわれていました。

健康効果の高さは、昔から評価されてきたということですね。

はちみつやリンゴも健康や風邪予防に良いとされる食材ですが、紅茶との相性も良く、合わせて飲まれることも多いですね。

天然の素材同士の組み合わせで、風邪予防喉にいい飲み物として活用出来るので、秋から冬にかけての風邪の流行する季節には積極的に飲みたいですね。

 

 

 

「紅茶を喉にいい飲み物にならないケースに注意!」

dbeef9dfa263086395db700bb5a1c0ff_s

紅茶には、脂肪を洗い流す働きがあること、利尿効果があること、カフェインが入っていることを知っておきましょう。

喉にいい飲み物といっても、熱いストレート紅茶を1日に何杯も飲んでいると、喉に必要な潤いを守っている脂質まで流れてしまう心配があります。

 

紅茶の利尿効果によって体の水分が排出されてしまうと、かえって喉の乾燥が出やすくなりますから、喉にいい飲み物としての効果を期待するなら、飲み過ぎないこと、ミルクはちみつを加えて飲むことなどに気をつけたいですね。

 

カフェインは適度に摂ることで疲れが取れる、覚醒効果でスッキリするというメリットがある反面、胃腸障害不眠めまいが起こる事があるので、摂りすぎに気をつける必要があります。

喉にいい飲み物といっても、飲み過ぎは良くないということですね。

紅茶うがいや、しょうがやはちみつをプラスしたはちみつジンジャーティーで、体を温めて免疫アップさせる飲み方が喉にいい飲み物としての力を発揮してさせますね。

 

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

One Response to “喉にいい飲み物として紅茶の実力”

コメントを残す

このページの先頭へ