喉に異物感が出るのは5つの症状!口臭の原因にもなります。

喉に異物感が出るのはどんなとき?病気の心配は?

喉に異物感が出ると気になってしまいますね。

「何か悪い病気になっていない?」
「急激に喉が痛くなったり、高熱が出ない?」
「声が出なくなっちゃうんじゃない?」

不安がスッキリするように、喉の異物感が出るときの病気と症状についてみていきましょう。

■喉の異物感が出るときの病気と症状

症状1-口臭がする-

喉の奥にざらつくような感じがあって、口臭がします。
喉を見ると白くなっている塊が見えます。
⇒『膿栓(のうせん)くさい玉

風邪などで扁桃炎を起こした後に出やすい症状です。
くしゃみをした衝撃でご飯粒の様な白~黄色のくさい塊が出る事もあります。

この膿栓が喉の奥にくっついているので、異物感が出ます。
自然に治る事がほとんどですが、いつまでも異物感たニオイが気になる場合には、耳鼻咽喉科で見てもらいましょう。

 

症状2-胸焼け-

喉の異物感の他に、胸焼けゲップお腹のハリがあります。
良く喉が痛くなります。
⇒『逆流性胃腸炎(ぎゃくりゅうせい いちょうえん)

消化途中のものや、消化液が喉に逆流を起こすことで、喉に炎症が出ます。
喉のスッキリしない感じと、消化器系の症状が一緒に出る特徴があります。

 

 

症状3-喉の詰まり-

風邪症状がないのに、飲み込みにくいような、喉が詰まっている様な異物感があります。
がんだったらどうしよう?ちょっと疲れているだけかもしれないけど心配です。
⇒『ヒステリー球

30代から50代の女性に多い症状です。
自律神経の乱れやうつの時に現れ、喉の病気はないけれど、喉のつまりや息苦しさ、異物感が気になります。

ストレスを発散する、自律神経を整える、心療内科で治療を受けるのが対処方法になります。

 

 

症状4-声がれや血痰ー

声がざらついて喉に異物感を感じるばかりか、血痰がでます。
首のリンパが腫れている感じがして、喉頭がんが心配です。
⇒『喉頭がんの疑いがあります

喉頭がんの自覚症状は、声がれ異物感血痰首のリンパの腫れです。
ただ、腫瘍の出来る場所によっては自覚症状が出にくいので、心配な場合は検査を受けましょう。

発症率は10万人あたり3人と多くはありませんが、たばこを吸っている場合や、お酒をよく飲む人は高リスク群となっています。
早期発見での生存率が高いがんですから、検診が大切と言うことですね。

 

 

症状5-ひどいだるさ-

喉の異物感があって、ものが飲み込みにくい感じがします。
動悸やだるさがひどく、ダイエットをしてもいないのに体重が減ってしまいました。
⇒『バセドウ病(甲状腺機能亢進症/こうじょうせんきのう こうしんしょう)

喉の付け根のあたりにある甲状腺は、体の調節機能に大切なホルモンを出しています。
このホルモンが出すぎると、いつも体がランニングしているような状態になってしまい、バセドウ病の症状となります。

逆に、機能低下でホルモンが不足すると『橋本病』の症状が出て、喉の異物感の他に、寒がり体重増加倦怠感を感じます。

 

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ