「咽頭炎」をただの風邪症状で片付けて大丈夫?「咽頭炎」の症状と原因3つのギモン

咽頭炎の症状と原因について

喉の奥の部分を咽頭と呼びますが、ここに炎症が起きるのが咽頭炎です。

大きく口を開けてのぞき込むと、喉チンコ、扁桃腺、喉の奥が赤くなって炎症が起きているときに、咽頭炎といいます。

特に扁桃腺が腫れている場合には、扁桃炎という言い方をします。

喉の痛みを感じるときには、奥が赤く腫れて咽頭炎を起こしていることがほとんどです。

では、咽頭炎が起きてしまう例と心配される症状の見極め方についてまとめていきましょう。

 

 

■咽頭炎をただの風邪症状で片付けて大丈夫?

d91dbdf0d0c72185faca41b4ed90cfdb_s

「咽頭炎のギモン1」喉が痛くて扁桃周りが赤く腫れ、鼻水、せきがでます。ただの風邪でしょうか?

<解答>
体のだるさや関節の痛みがあり、いつもと違う感じがするならインフルエンザの可能性があります。

最近人混みの中に行った、周りでインフルエンザにかかっている人がいるなら要注意です。

また、咽頭炎と高熱、目の充血が一緒に起きている場合には、アデノウィルスが原因の感染力の強い咽頭結膜炎の疑いもあります。

 

 

「咽頭炎のギモン2」喉の風邪で溶連菌という名前を聞きますが、ただの風邪と何が違うのでしょう?

<解答>
溶血性連鎖球菌が原因菌となり、5歳~12歳の患者さんが多い病気です。
溶連菌感染症で起きる咽頭炎は、激痛が伴い、扁桃部分に膿が出るほどです。

しかも、一般的な風邪と違い、リュウマチ熱や急性糸球体腎炎などの合併症を起こすことがあり、抗生剤を飲みきることと、腎炎がないかの尿検査が必要です。

激しい咽頭炎、舌がイチゴ状に腫れる、高熱が出たというときは、血液検査で原因菌をハッキリさせて、適切に治療する事が大切なのです。

 

 

 

■風邪症状が無いのに咽頭炎?

photo_00373

「咽頭炎のギモン3」高い熱もないし、風邪症状もひどく無いのに喉が痛いです。咽頭炎なのでしょうか?

<解答>
咽頭炎は、乾燥やたばこやお酒といった刺激物が原因で起きることがあります。

朝起きると熱はないのにすごく喉が痛い

こんな時は、口呼吸で喉が乾燥して粘膜を痛め、咽頭炎を起こしていることが考えられます。

ぬるま湯で時間をかけてうがいをする、温かい飲み物をゆっくり飲む、マスクや加湿器で湿度を保つようにしましょう。

たばこやお酒の飲みすぎ?いつも喉が痛い

たばこやお酒で喉が刺激にさらされている事が原因で、慢性的に咽頭炎を起こしている場合があります。

慢性咽頭炎が口臭の原因になる事もあり、咽頭炎を起こしやすい環境の改善が大切です。

熱が出ないからたいしたことは無いと放置していると、咽頭炎が原因でポリープや腫瘍、がんなどのリスクを高める事になります。

喉を大事にしてあげてくださいね。

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

2 Responses to “「咽頭炎」をただの風邪症状で片付けて大丈夫?「咽頭炎」の症状と原因3つのギモン”

  1. […] 後鼻漏は、成人の3割に疑いがあると言いますから、珍しい症状ではありませんが、長引けば咽頭炎や中耳炎、副鼻腔炎になりやすく注意が必要です。。 […]

コメントを残す

このページの先頭へ