「急性咽頭炎」の症状や原因4つのギモン!

急性咽頭炎とは?症状や原因について

”風邪だと思っていたら急性咽頭炎って言われたけれどなに?”

こんな風に思う人もいるでしょう。

急性咽頭炎の症状や、原因についてギモンを解決していきたいと思います。

m015-026

咽頭ってなに?

喉をのぞき込んで見える喉チンコ、扁桃のあたりが腫れている時に、”急性咽頭炎”と言われる事が多いですね。

喉の場所を表すときに、咽頭喉頭という言い方をします。

鼻の奥から食道の手前までを咽頭、声帯周辺を含んで気道までを喉頭と言います。

 

 

■急性咽頭炎の症状や原因についてのギモン解消!

 

「急性咽頭炎のギモン1」どうして急性咽頭炎になるのですか?

<解答>

咽頭にはリンパ組織といって、細菌やウィルスが体に入ってくるのを防ぐ働きが集まっています。

咽頭部分にこうした細菌やウィルスがとりつくと、反応して炎症を起こします。

喉が痛くなる急性咽頭炎は、免疫反応で細菌やウィルスと戦っているという事なのです。

 

「急性咽頭炎のギモン2」急性咽頭炎を起こす、代表的な細菌やウィルスはなに?

<解答>

代表的なのは、アデノウィルスインフルエンザウィルスコクサッキーウィルス溶連菌です。
どの感染症も、喉がとても痛くなります。

咽頭部分が真っ赤に腫れるだけでなく、水疱状のものが出来た後につぶれて、口内炎のように白くなる”潰瘍”が出来る事があります。

コクサッキーウィルスが原因のヘルパンギーナでは、この”潰瘍”が一度にいくつも出来るので、痛みが強くなります。

 

「急性咽頭炎のギモン3」水分や食事が大事なのはわかりますが、痛くてどうにもなりません。早く直す方法はありますか?

<解答>

痛み止めには、炎症を抑える効果と痛みを抑える効果があります。
どうしても薬が飲めない場合は、痛み止めの坐剤や点滴で、炎症と痛みを抑えることになります。

効き目の強い薬は、医師の処方を受けなければいけません。

高熱・痛みが強いときには、病院に行かずに治すのは難しいと考えて受診しましょう。

 

「急性咽頭炎のギモン4」急性咽頭炎は伝染しやすいですか?マスクで防げますか?

<解答>

細菌やウィルスの感染が原因になっているので、インフルエンザやアデノウィルスなど感染力の強いものには注意が必要です。

ただ、菌によっては体力が十分であればかかりにくいケースもありますが、幼児など免疫力が十分でない場合や、体力が低下している時には伝染しやすいです。

マスクをつけると、手で直接鼻や口の周りをこする回数が減らせることと、喉の保湿効果で予防効果が上がります。

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

2 Responses to “「急性咽頭炎」の症状や原因4つのギモン!”

  1. […] 声の使いすぎ、乾燥、急性咽喉頭炎を繰り返していると、慢性咽喉頭炎になる事があります。 […]

  2. […] のどをつかさどる咽頭の病気として代表的なものは炎症です。 炎症は急性と慢性にわかれますが、急性咽頭炎が最も認知度が高いのどの病気です。 […]

コメントを残す

このページの先頭へ