「下咽頭がん」はどんな病気?4つの疑問を解決!

下咽頭がんはどんな病気?ギモンを解決!

下咽頭がんとはどんな病気なのでしょう?

鼻の奥から食道の手前までを咽頭と呼んでいますが、鼻に近い方から、上咽頭、中咽頭、下咽頭と3つにわけています。

 

のど仏のうしろの食道につながる部分が下咽頭で、ここに出来るがんが下咽頭がんです。

では、下咽頭がんのギモンについてまとめていきましょう。

 

■下咽頭がんのギモンを解決!

c6c81599b05bfbddf7b50d3ca68d6304_s

「下咽頭がんのギモン1」はじめの頃にどんな自覚症状がでるのでしょう?

<解答>

下咽頭は、ものを飲み込む時に活躍する場所です。

ですから、ここにがんが出来ると、飲み込むときに引っかかりを感じたり、違和感を感じたりすることが多いのです。

喉の奥にしみる感じがしたり、耳の奥が痛い感覚がある場合もあります。

 

風邪でもないのに声がれが続いて、ひどくなっていく、首のリンパのしこりが気になるという症状から、見つかる事もあります。

 

 

「下咽頭がんのギモン2」喉の痛みはそれほどひどく無いのですか?

<解答>

下咽頭は、風邪で痛みを感じる事が多い喉をのぞきこんで見える喉ちんこの周りよりもずっと奥になります。

喉の痛みと言うよりも、飲み込む時の違和感や、耳の周りのいたみを訴える人が多くなっています。

 

 

「下咽頭がんのギモン3」下咽頭がんは見つけにくいのですか?

<解答>

下咽頭がんは、腫瘍が大きくなるまで自覚症状が出にくいのが特徴です。

ものが飲み込みにくいとか、耳の周りが中耳炎の様に痛む、首のリンパにしこりを感じるといった自覚症状が出てくる頃には、腫瘍が大きくなっている事も多いのです。

中咽頭がん上咽頭がんでは血痰が出たり、喉の痛みが強いことが、病院を受診するきっかけなりますが、下咽頭がんは初期で見過ごす事も多いのです。

 

50代以上の喫煙、飲酒の習慣を持っている男性のリスクが高くなっていますから、怪しい症状があれば、耳鼻咽喉科を受診して検査を受けておきましょう。

 

 

「下咽頭がんのギモン4」下咽頭がんは、食道や胃のがんも発症しやすいってホント?

<解答>

下咽頭は、食道に一番近い場所にあります。

消化器系に不調があって喉に慢性的に炎症がある場合にも、リスクが高くなりますし、下咽頭にがんが発生した場合、食道や胃に腫瘍が見つかることがあります。

下咽頭がんが発見された人の25%~30%に、食道や胃のがんが見つかっています。

 

これは、喫煙や飲酒と言ったリスクをあげる因子が共通しているためだと言われています。

喫煙や飲酒の習慣がある50代の男性は、不調を感じたら、検査を受けるようにし、早期に下咽頭がんを発見出来る様にしたいですね。

 

【咽頭がんの関連記事はコチラ】
「咽頭がん」はどんな病気?4つの疑問を解決!
「上咽頭がん」はどんな病気?4つの疑問を解決!
「中咽頭がん」はどんな病気?4つの疑問を解決!

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

One Response to “「下咽頭がん」はどんな病気?4つの疑問を解決!”

  1. […] 他の上咽頭がん、下咽頭がんとの違いや、どんな症状が始めに出るのかなど、中咽頭がんのギモンを解決して行きましょう。 […]

コメントを残す

このページの先頭へ