「中咽頭がん」はどんな病気?4つの疑問を解決!

中咽頭がんはどんな病気?ギモンを解決!

中咽頭は、喉をのぞきこんで見える扁桃を含むアーチの部分、アーチの奥に少し見える壁の部分、舌の付け根を指します。

ここに出来るのが、中咽頭がんです。

他の上咽頭がん下咽頭がんとの違いや、どんな症状が始めに出るのかなど、中咽頭がんのギモンを解決して行きましょう。

 

■中咽頭がんのギモンを解決!

2a796eca57103057ce3e314f87d7270a_s

「中咽頭がんのギモン1」どんな症状から中咽頭がんに気付くのでしょうか?

<解答>

飲み込みにくい喉の痛みやしみる感じ喉の出血言葉がハッキリしない口のあけにくさ首のリンパが腫れるといった自覚症状から、検査を受けて中咽頭がんだとわかる事があります。

中には、喉の症状がないのに首のリンパが腫れて、検査をしたらがんが見つかったというケースもあります。

 

「中咽頭がんのギモン2」中咽頭がんにはどんな種類がありますか?

<解答>

中咽頭は、口を覗き込んで見える場所が多く、がんの出来る場所によってさらに呼び名が使い分けられます。

下の付け根に出来た場合は、舌根がんと呼び、扁桃に出来ると扁桃がんと呼ばれます。

 

扁桃がんは、リンパ組織に発生した悪性リンパ腫であることも多いので、悪性リンパ腫と呼ぶ事もあります。

首のリンパ節にがんが見つかる場合にも、悪性リンパ腫となります。

 

「中咽頭がんのギモン3」中咽頭がんになるひとは多いのですか?

<解答>

喉頭がんが見つかる確率が、10万人に3人と言われていますが、下咽頭がんに比べると中咽頭がんになる人は少なくなっています。

咽頭がんの中で最も多いのは下咽頭がんで過半数以上を占めます。

中咽頭がんは3割程度で、残りが上咽頭がんの割合になっています。

 

こうしてみると、他の部位のがんよりはかかる人が少ない傾向ですが、50代以上の男性では多くなっていますし、油断は禁物です。

違和感を感じたら検査を受ける事をオススメします。

 

「中咽頭がんのギモン4」中咽頭がんの診断と治療はどんな風に行われますか?

<解答>

直接口から覗き込むか、鼻からファイバースコープを入れて腫瘍の状態を観察します。

口の中に指を入れてや、首の上から触れての触診、同じく首の部分へのエコー検査で疑わしければ、局所麻酔をして組織を採取し、組織を顕微鏡で見て判定する生検を行います。

さらに病変の広がりをCT、MRI撮影で調べていきます。

 

治療は、病気の進行具合を表すステージごとに違いがありますが、手術、抗がん剤、放射線での治療を行い、ステージⅢ以上は補助療法を行うのが標準となっています。

 

【咽頭がんの関連記事はコチラ】
「咽頭がん」はどんな病気?4つの疑問を解決!
「上咽頭がん」はどんな病気?4つの疑問を解決!
「下咽頭がん」はどんな病気?4つの疑問を解決!

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

2 Responses to “「中咽頭がん」はどんな病気?4つの疑問を解決!”

  1. […] ・「中咽頭がん」はどんな病気?4つの疑問を解決! […]

  2. […] 中咽頭がんや上咽頭がんでは血痰が出たり、喉の痛みが強いことが、病院を受診するきっかけなりますが、下咽頭がんは初期で見過ごす事も多いのです。 […]

コメントを残す

このページの先頭へ