「声帯ポリープ」を1000文字で簡単に解説

声帯ポリープはどんな病気?ギモンを解決!

歌手やアナウンサーが声帯ポリープで手術を受けたという話を聞きますね。

声帯にポリープ・・・つまり、血豆の様なできものが出来て、声がかれたり出にくくなったりする病気です。

がんにはならないの?治療法は?など、声帯ポリープについてのギモンを解決していきましょう。

 

■声帯ポリープのギモンを解決!

2bf7376251ddc8cdedf633c785b1fda2_s

「声帯ポリープのギモン1」どうして声を使う人がなりやすいのですか?

<解答>

声帯は2枚の筋肉で出来ています。

この声帯が震えてぶつかり合うことで声が出ているので、声を酷使している人は、声帯に負担をかけているのです。

オーバーワークした声帯は、充血や炎症を起こしやすくなって、組織が傷ついて血豆のようになり、血腫が出来てしまうのです。

これがポリープになります。

お酒やたばこなどの習慣は、喉にとって刺激ですし慢性的な炎症を起こす原因になりますから、声帯ポリープのリスクも高くなります。

 

「声帯ポリープのギモン2」ポリープが出来ているか、どうすればわかりますか?

<解答>

自覚症状としては、声のかすれ出しにくさを感じます。

声を酷使した、張り上げる事が多いと感じるなら、ポリープができているかもしれません。

風邪など喉の炎症があるときに、無理に声を張り上げて出来る事もあります。

 

声帯は喉をのぞいただけでは見る事が出来ない喉の奥にあります。

声を使わなければ自然に治ることもありますが、自然に治らない声帯ポリープは切除での治療になります。

違和感を感じたら、耳鼻咽喉科で診察を受けて適切な治療を受けましょう。

 

「声帯ポリープのギモン3」声帯ポリープは、手術をすれば完治する?

<解答>

声を酷使する生活を続けていたり、声の出し方を変えなければ繰り返す事が多いものです。

手術で声帯ポリープを切除しても、手術前と同じ負担をかけていたのでは、同じ症状が出てしまいます。

 

手術=声帯ポリープ完治ではないのです。

 

声帯ポリープが出来ても初期のうちに声帯を休ませると、自然に治る場合があります。

声帯を休ませること、声の出し方を工夫する事が再発予防ではポイントになります。

 

「声帯ポリープのギモン4」声帯ポリープががんになる事はないの?

<解答>

声帯ポリープががん化すると言うより、見かけが声帯ポリープのようなのに、顕微鏡で組織を見る生検をしたらがんだったという事があります。

確率的にはそう多くはありませんが、声帯ポリープの切除を受けた場合には、がん化した細胞が含まれていないか検査してもらうのが安心です。

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

4 Responses to “「声帯ポリープ」を1000文字で簡単に解説”

  1. […] このほか、ポリープ、声帯白斑症、甲状腺機能低下症、反回神経麻痺(声帯麻痺)、喉頭がんなどは、自然に回復しません。 […]

  2. […] ところが慢性的な炎症は、ポリープやがんのリスクを高めますし、逆流性食道炎の様に消化器の不調が喉頭炎を引き起こしているケースもあるので、病院を受診した方が良いでしょう。 […]

  3. […] 熱が出ないからたいしたことは無いと放置していると、咽頭炎が原因でポリープや腫瘍、がんなどのリスクを高める事になります。 […]

  4. […] こんな症状は、慢性咽喉頭に当てはまります。 慢性的な炎症があると、口臭がでやすく、ポリープや腫瘍のリスクが高くなるので、改善したいですね。 […]

コメントを残す

このページの先頭へ