「吃音」が起こる2つ種類の原因!喉障害ともう1つは子供の頃のストレス?

吃音はどうして起こる?吃音のギモンを解消!

吃音(きつおん)は、どもりともいわれます。

気持ちが動揺したり、緊張している時に言葉が上手く出なくなることがありますが、喉に問題があって吃音になる事もあります。

吃音についてのギモンについてまとめていきましょう。

 

■吃音についてのギモンを解決!

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s

「吃音のギモン1」吃音はどうして起こるのですか?

<解答>

決定的な原因はこれだとはっきり言うことが出来ません。

ただし、こどもの頃の強いストレスが強い影響を与えていることがわかっています。

いじめの体験や、きびしすぎるしつけ、左利きを無理に右利きに矯正した、どもらないで話せとしつこく指導されるなどといった体験です。

 

また、摩擦性発生障害の場合には、声帯が強く閉じすぎてしまい上手く発生できない事が関係しています。

緊張やストレスの自覚が無いときでも、声が震えたり出せなくなります。

この場合は、精神的な原因へのアプローチではなく、声帯閉じようとする力をを弱める薬を使った治療が効果的だとわかっています。

吃音は喉の障害による場合と、精神的な原因による場合とがあり、原因が多様になっています。

 

 

 

「吃音のギモン2」吃音の専門家というのはどういった資格を持つ人ですか?

<解答>
言語聴覚士は、言葉によるコミュニケーション、嚥下(飲み込むこと)、食事を摂ることについて支援する専門職です。

耳鼻咽喉科だけで無く、心因性の部分も大きいケースがあるので、心の問題と喉や発生の運動機能についてあわせて相談できるとよいでしょう。

 

吃音があっても、声帯そのものに異常が見つからず改善の手立てがつかめないという事があります。

言語聴覚士や心理カウンセラーなどの力を借りながら、原因となっている障害を取り除ける様にアプローチするのが大切です。

 

「吃音のギモン3」こどもの吃音は治りますか?

<解答>

言葉が出始める2歳頃から、吃音ではないかと感じる事があります。

けれども、機能が未発達のこどもの場合には、成長と共に吃音の程度が軽くなり、大人になるまでに、気にならなくなったという人も多いですね。

緊張など心理的な原因がどもりをひどくする事がわかっていますし、どもりが気になりだしたときに、強く叱られたり、どもるなときびしくしつけようとするのはマイナスになります。

ゆったりと見守り、話す事に自信をつけさせることがポイントです。

こどもの時からの体験を引きずっているケースでは、思い詰めない、話をするときにリラックスして、プラスイメージを大切にする事が大切です。

 

病院も行きたくない。出来ることなら薬も飲まないでどうにか治す方法ないかな。。。
たった1日1回スプーン1杯で喉の不快を解消できるはちみつ!
その喉の痛み マヌカハニーはもう試しましたか?





この記事が役に立ったらいいね!してね♪

コメントを残す

このページの先頭へ